竹田綜合病院 > 地域がん診療連携拠点病院 > 化学療法について

地域がん診療連携拠点病院

化学療法について

化学療法室について

化学療法室は、通院で化学療法を行う患者さんが、安全かつ快適に治療を受けることができ、ご自宅で安心して日常生活が送れるよう開設いたしました。

また、化学療法を受けるためには、入院が必要と思われている方も多いかもしれません。しかし、実際には近年、副作用のコントロールや薬剤および投薬方法の進歩により、通常の生活を送りながら外来通院で化学療法を受けられることが多くなってきました。
それと同時に、快適な化学療法を行うためには、患者さんご自身やご家族が病気や治療についてよく理解し、治療や副作用とうまく向き合うことが大切です。そのため、化学療法室のスタッフ一同で、患者さんやご家族の不安や気になることについて、話しやすい環境を作り、患者さんの治療にお力添えできるようサポートさせていただきます。

外来化学療法とは

がん患者さんに対する治療法は様々なものがあります。
手術が最もポピュラーな治療法に思われますが、放射線治療や手術に加えて化学療法(抗がん剤治療)を行う場合と、手術を行うことなく化学療法を行う場合があります。
化学療法(抗がん剤によるがん治療)は入院して治療を行うことが一般的でしたが、新規薬剤の開発や副作用の軽減などの医療の進歩によって、今日では外来でも安全にがん治療を受けることが可能となりました。安全性や患者さんのQOL(生活の質)の点などからも、治療は外来での施行が主流になってきております。
化学療法が患者さんの日常生活に支障を与えないように配慮し、入院せずに治療を受けることで、ご家族とともに慣れた自宅での生活が続けられることで精神的にリラックスでき、また、仕事を継続できることにより、経済的にも安定した生活を送ることができる場合もあります。


ページのトップへ